なんとなくだるい、疲れがとれない

sikkan_img01.jpg

肩コリ


肩こりは、筋肉が重だるくはった感じとなり、時に鈍痛を伴ったり頭痛や吐き気を合併することもあります。その原因は様々で、過労・不良姿勢・精神的緊張・高血圧・眼精疲労・自律神経失調症・更年期障害・肩下がりなどの体系的な要因が関与しています。

施術例) ■鍼 ■お灸 ■手技療法

 

sikkan_img02.jpg

腰痛


腰痛症とは、運動時あるいは安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称です。退行変性が基盤にあって腰痛を発生する最も多い疾患は腰椎椎間板ヘルニア、その他、変形性脊椎症や腰椎すべり症、椎間関節性腰痛、骨粗鬆症など、様々な要因から腰痛は発症します。

施術例) ■鍼 ■お灸 ■手技療法

 

統合失調症と肩こりの関連

肩こりの人はうつ・自立神経失調症になりやすいと言われています。その原因の一因として後頭部から首にかけてのこりです。靭帯部分や骨(頸椎)に近い部分が固くなると首の動きが悪くなり、より症状を悪化させます。頸椎の周囲をコリや固くなった筋肉で圧迫することで神経症状が出てきます。頭痛がひどくなり、場合によってはめまい・吐き気やしびれ等も出ることがあります。脳や延髄に近い部分が圧迫され続けると自律神経系に悪い影響を与えだんだんと失調していきます。自立神経は全身を支配し、内臓も支配していますので下しやすくなったり、食欲がなくなったりと多岐にわたる症状が発生してきます。さらに脳の分泌系にも作用しますので精神的な影響も出やすくなります。 気が滅入りやすくなったり、マイナス思考に陥りやすくなります。そうなってくると悪循環になり本格的なうつや統合失調症に発展していきます。

当院ではそのような方の治療に鍼とお灸と手技で動きが悪くなっている部分をほぐし、神経バランスを整え、流れを良くし、さらには精神的なケアも取り入れています。すでに悪化しお薬で治療されている方にも有効です。色々試してみたけど時間がかかりなかなか良くならない方は是非お勧め致します!ご相談ください!!


☆彡当院のおすすめは『肩甲骨まわし』です。肩こりの大半の原因は肩甲骨の筋肉と肩甲骨の位置の不良にあると言われています。左右の肩の高さが違ったり、いつも同じような姿勢を取る方は肩甲骨が正常な位置でない場所で固まってしまっている場合があります。心当たりのある方は是非当院へお越しください!!

肩甲骨に特化した鍼灸治療もございます!どこに行っても良くならなかった方ご相談ください!!

体の痛み・ケガ

sikkan_img03.jpg

骨折


骨折とは、外からの力により骨自体の連続性が断たれてしまった状態を言います。わずかな力がくり返し加わることによって起のこる疲労骨折や、骨自体が脆くなり折れてしまう病的骨折など。小児の場合は他の外傷と見誤る事もあるので、注意が必要です。

施術例) ■整復 ■固定 ■後療法

 

sikkan_img04.jpg

脱臼


脱臼とは、可動域を超えて関節の向きの接触を失った状態を言います。関節を包む膜を破って脱臼したものを、外傷性脱臼、膜を破らないものを、包内脱臼と呼びます。他にも、先天性や基礎疲労による脱臼もあり、やはり治療が必要です。

施術例) ■整復 ■固定 ■後療法

 

sikkan_img05.jpg

打撲


打撲とは、体の表面を物に打ちつけたり、または打たれて生じた傷を言います。皮下組織や皮膚など軟部組織の内側深くまで損傷されている場合もありますので注意が必要です。

施術例) ■キネシオテービング ■固定テービング

 

sikkan_img06.jpg

捻挫


捻挫とは、関節部に外力などが作用し、骨以外の関節を構成する組織が損傷されたものです。関節面の相互関係は保たれているため、疼痛はありますが異常可動性は認められません。関節の可動範囲の少ない関節ほど捻挫は起こしやすいようです。

施術例) ■手技療法 ■固定テービング